ホーム健康睡眠はなぜそれほど重要なのですか?十分な睡眠をとるための8つの驚くべき理由...

睡眠はなぜそれほど重要なのですか?十分な睡眠をとるための8つの驚くべき理由

読書の時間:  5  分

夜に睡眠不足になると、翌日はかなり不機嫌になります。そして、時間が経つにつれて、睡眠不足は朝の気分だけでなく、それ以上のものを台無しにする可能性があります。研究によると、規則正しい睡眠は、血糖値から運動トレーニングまで、すべてを改善するのに役立つことが示されています。

あなたにも睡眠が必要な主な理由をリストします。

あなたの脳に良い、より鋭い思考

十分な睡眠をとらないと、詳細を吸収して記憶するのに苦労する可能性があります。これは、睡眠が学習と記憶の両方で大きな役割を果たすためです。十分な睡眠がないと、集中して新しい情報を吸収することが難しくなります。また、あなたの脳には、後で簡単に思い出せるように記憶を適切に保存するための十分な時間がありません。

睡眠によって脳が追いつくので、次の出来事に備えることができます。

気分と気分を高める

睡眠中に脳が行うもう 1 つのことは、感情の処理です。あなたの心は、正しい方法で認識して反応するために、この時間が必要です。それを短くすると、通常、日常生活でよりネガティブな感情的反応が起こり、ポジティブな反応が少なくなります。

慢性的な睡眠不足も、気分障害の可能性を高めます。大規模な研究によると、不眠症になると、うつ病を発症する可能性が 5 倍高くなり、不安障害やパニック障害のリスクがさらに高まることがわかりました。

さわやかな睡眠は、悪い日にリセットボタンを押し、人生の見通しを改善し、課題に取り組む準備を整えるのに役立ちます。

より健康な心

睡眠中は血圧が下がり、心臓や血管が少し休まります。睡眠時間が短いほど、24 時間周期で血圧が高くなります。高血圧は、脳卒中などの心臓病を引き起こす可能性があります。

したがって、短期間のダウンタイムは長期的に見れば報われます。

スポーツの成果

レスリングやウェイトリフティングなど、あなたのタイプのスポーツでエネルギーの急速な爆発が必要な場合、睡眠不足は、ランニング、水泳、サイクリングなどの持久力スポーツを行うほどには影響しません。しかし、もちろん、あなたはそれで自分自身に好意を持っているわけではありません。

睡眠不足は、筋肉回復のためのエネルギーと時間を奪うだけでなく、モチベーションを低下させ、フィニッシュ ラインへと導きます。精神的にも肉体的にも大きな試練に直面し、反応が遅くなります。

ぐっすり眠ることで、あらゆる面で最高のパフォーマンスを発揮できます。

十分な睡眠は、より良い運動能力と体重管理を保証します (図)
十分な睡眠は、より良い運動能力と体重管理を保証します (.)

ウェイト・コントロール

しっかり休めば空腹感も少なくなります。睡眠不足は、食欲を制御する脳のホルモンであるレプチンとグレリンを混乱させます。

これらのホルモンのバランスが崩れると、不健康な食べ物の誘惑に対する抵抗力も大幅に低下します。また、疲れていると、起き上がって体を動かすことができなくなります。一緒に、それはポンドとポンドを得るレシピです。

ベッドで過ごす時間は、体重管理に役立つテーブルやジムで過ごす時間と密接に関係しています。

より安定した血糖値

睡眠サイクルの深くゆっくりとした部分では、血液中のブドウ糖の量が減少します。睡眠のこの最も深い段階で十分な時間を費やしていない場合、それはリセットを可能にするための休憩を取っていないことを意味します。あなたの体は、細胞のニーズと血糖値に対応するのが難しくなります。

この深い眠りに到達し、その状態を維持できるようにしてください。 糖尿病 タイプ2を取得します。

炎症が少ない

十分な睡眠をとることと、体内の炎症を抑えることとの間には関連性があります。

A 調査 たとえば、World Journal of Gastroenterology Trusted Source の論文では、睡眠不足と人々の消化管に影響を与える炎症性腸疾患との関連性が示唆されています。

この研究は、睡眠不足がこれらの病気の原因となり、これらの病気が睡眠不足の原因となる可能性があることを示しました。これが、悪循環を構築する方法です。

細菌と戦う

病気を防ぐために、免疫システムは体内の有害な細菌やウイルスを識別して破壊します。睡眠不足が続くと、免疫細胞の働きが変化します。そのため、攻撃が遅くなり、病気になる可能性が高くなります。

ぐっすり眠ることで、疲れやだるさを避けることができます。また、体が回復しようとしている間、ベッドで何日も過ごしたくなくなります。

睡眠は体の修復、再生、回復を助けます。免疫システムもこの関係の例外ではありません。いくつかの研究は、より良い睡眠の質が体が感染症と戦うのにいかに役立つかを示しています。

ただし、科学者は、体の免疫システムへの影響に関して、睡眠の正確なメカニズムについてさらに研究する必要があります。

いいことが多すぎる?寝てもいいじゃない!

睡眠の必要性は人によって異なりますが、平均して 1 晩に 9 時間以上眠ると、健康よりも害の方が多くなります。研究によると、睡眠時間が長い人は、心臓の動脈により多くのカルシウムが蓄積され、脚の動脈の柔軟性が低下します。

最大限の健康効果を得るには、毎晩 7 ~ 8 時間寝ることが最善です。

最後に十分な睡眠について

食事や運動と並んで、ぐっすり眠ることは健康の柱のひとつです。

睡眠は、人の全体的な健康と幸福の重要な部分であり、しばしば無視されます。睡眠は体を回復させ、健康で新しい 1 日を迎える準備ができるので重要です。

十分な休息をとることは、肥満、心臓病、および病気の長期化を防ぐのにも役立ちます。

睡眠に気を配ることなくして、最適な健康を達成することはできません。

ソース ハーバード (リンク)、ヘルスライン(リンク)、MedicalNewsToday(リンク)、webmd (リンク)

戻る事をくく

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気

最近のコメント

ja日本語